身体のバランスを整える

質の良いマカが採れる栽培地について

元々マカはペルーのアンデス山脈に自生していたものであり、標 高が高くなればなるほどに環境が厳しい代わりによいマカが栽培されるとされています。
最低でも標高4000m以上のものがよいとされています。
高さというのも重要なポイントで、高ければ高いほどに環境が厳しいのにそこで育っているというマカには栄養が詰まっているといっても過言ではないと言うわけです。

さらに高くなれば、寒く空気も薄いためか害虫がいないために農薬などが必要ありません。
自然栽培で育てられたマカは、栄養が豊富なばかりか無農薬のオーガニック製品といってもいいでしょう。
ペルー産のマカの中には低地栽培されているというマカもあります。

それらの品質は高原のマカよりも落ちるのだそうです。
さらに最近ではペルー以外にも欧米産だけでなく国内などといった 世界各地でマカが栽培されるようになりましたが、品質でいうならばペルー産のものほど高品質ではないようです。
そのかわり値段が安く市場に出回るようになりました。

あくまで高品質のものを選ぶのでしたら、ペルー産の高地で栽培されたものがよいでしょう。
情報はインターネットなどでのっていますので、標高4000m以上で栽培されたという栽培方法が掲載されているマカを選べばよいのです。
また収穫されたマカの色でも品質の違いが分かると言われています。

一般的にマカは白やピンク系統の色合いをしているのですが、中でも特にアミノ酸の含有量が多い黒マカと呼ばれる品種にはアミノ酸以外にもポリフェノールを多く含んでいます。
インターネットなどに掲載されている収穫さ れたマカの種類なども参考にしてください。
実際に見ることができないマカですから、情報から判断するようにしましょう。
元々、自生していた場所から世界中に広まって育てられようとしているマカですが、やはり厳しい環境で育つ力をもった野菜だけに、高品質のものとなるとその地にあったペルーの高地に勝るものはありません。

Copyright(C) 2013 身体を健康に保つために All Rights Reserved.