身体のバランスを整える

マカは料理にも使えるって本当?

さらさらした黄土色のマカ粉末は、一見きなこのようでいてほのかな甘みと酸味を持ち、独特の苦みなどもあってまさに漢方薬といった感じのためか、口に合わないという人がいるのも確かなようです。
ただし野菜としてではなく粉になったことでサプリメントと考えているようですが、野菜として食べることができます。
実際にペルーでは普通に野菜として材料に使い、シチューや野菜のソテーなどに使われています。
マカは熱を加えても栄養が損なわれませんので、安心して色々な料理に使うことができます。

ただスパイスのように辛みなどはありませんので、何か特別な料理を作るということにはなりません。
逆にいえばどのような料理に混ぜたとしても違和感なく食べられるということになります。
シチューやカレー、粉もの料理や衣に混ぜてもいいですし、お菓子に入れているという人もいます。

旦那がマカの味が苦手だと飲んでくれないお子様は料理に加えることで、一緒に違和感なく食べることもできます。
ただ最初は少量で様子をみるようにし、増やすにしてもメーカーが規定している摂取量を守るようにしてください。
マカはホルモンバランスの分泌に大きく影響します。
さらにきちんと 料理にマカが入っていることを旦那様にはいいましょう。

そもそもマカが入っている料理を食べていいのは、何も病気がなく薬も飲んでいない人なのです。
以前は飲めたから大丈夫とは安易に考えないでください。
また旦那様にもマカを摂っているという自覚がなければ、医師の検診で何か変わったことがあったとしても答えられません。

あくまでマカを摂取しやすくすることが一番の目的であるといってもいいでしょう。
マカは食事やおやつ以外にも飲み物に溶かして飲むこともできます。
コーヒーなどにいれて苦く感じてしまえば、シロップや砂糖などを加えても構いません。
何よりもマカには栄養を打ち消すという食材はありません。
栄養素が壊れることはないのです。

Copyright(C) 2013 身体を健康に保つために All Rights Reserved.